共同獣医学科について

平成25年4月、獣医学教育の更なる飛躍を目指し『岐阜大学応用生物科学部獣医学課程』と『鳥取大学農学部獣医学科』が融合し、共同獣医学科に生まれ変わりました。

岐阜大学と鳥取大学は平成21年度から実施している連携教育を基盤として、共同獣医学科を設置しました。 これには、モデル・コア・カリキュラムに準拠した標準的獣医学教育を行う体制を確立し、より高度な専門的獣医学教育を実施するとともに、複雑化・高度化する獣医療にも対応する強固な獣医学教育研究体制の構築を図るという目的があります。 共同獣医学科では、人と動物との共生を目指し、「動物と社会のつながり」、「動物と人の健康・福祉」をキーワードに、動物の健康だけでなく、あらゆる命の専門家を養成します。

共同獣医学科が目指す教育

共同獣医学科が目指す教育は、次のとおりです。

個別指導と体験学習による徹底的な基盤の形成

獣医学の確固たる専門基礎・応用知識の習得

専門知識を活かす実践能力の体得

国際通用性・社会性豊かな獣医師としての基盤形成

PAGE TOP

共同獣医学科の主な特徴

  • 卒業時には、岐阜大学、鳥取大学の両学長の連名による学位記が授与されます。
  • 入学定員は、岐阜大学が30名、鳥取大学が35名(合計65名)です。
  • 学生は、岐阜大学と鳥取大学の両大学に在籍するため、両大学の施設等を利用することが可能です。(一部各大学の事情により利用できない施設等がある場合があります。)
  • 学生は、本籍を置く大学で履修登録し、講義、実習等を受講しますが、一部の専門科目については、両大学の学生が遠隔講義システムにより同時に受講します。 また、一方の大学の学生が他方の大学に移動して受講する講義、実習科目もあります。

PAGE TOP

出願大学、受験大学、本籍を置く大学について

学生は、岐阜大学、鳥取大学の両大学に在籍しますが、いずれかの大学に本籍を置くことになります。本籍を置くことを希望する大学へ出願して入学者選抜試験を受験して下さい。

入学料及び授業料の納付、奨学金の申請などに関しては、本籍を置くそれぞれの大学の学生として取り扱われます。

出願 いずれかの大学へ入学願書を提出

入学 それぞれの大学に入学

教育 同じカリキュラムで講義 ・ 実習

卒業 両大学長の連名による学位記を授与