教員の紹介

助教 西村 亮にしむら りょう

所属大学
鳥取
講座
臨床獣医学
教育研究分野
獣医繁殖学
担当科目
大学教育導入演習、動物繁殖学実習、臨床繁殖学実習、臨床野外実習
Nishimura Ryo

教育ポリシー

基礎研究と産業動物演習を繋ぐこと

主な研究テーマ

  • ウシの繁殖生理(卵胞発育、黄体形成、黄体退行)
  • 低酸素環境における細胞の応答(血管新生、アポトーシス)

研究のキーワード

  • 繁殖
  • 黄体
  • 卵胞
  • 低酸素環境
  • 生殖周期

主な研究業績

  • Nishimura R, Okuda K. Hypoxia is important for establishing vascularization during corpus luteum formation in cattle. Journal of Reproduction and Development 56: 110-116, 2010
  • Nishimura R, Komiyama J, Tasaki Y, Acosta TJ, Okuda K. Hypoxia promotes luteal cell death in bovine corpus luteum. Biology of Reproduction 78: 529-536, 2008
  • Nishimura R, Sakumoto R, Tatsukawa Y, Acosta TJ, Okuda K. Oxygen concentration is an important factor for modulating progesterone synthesis in bovine corpus luteum. Endocrinology 147: 4273-4280, 2006

研究と教育について

獣医繁殖学教室では、哺乳動物の繁殖生理に関わる基礎的な研究テーマと生殖工学的な技術開発につながる臨床的な研究テーマの双方に取り組んでいます。これらのテーマを卒業論文研究としてまとめることで、基礎研究を通した科学的な思考と生殖工学に関する臨床的視点の両方を養います。