教員の紹介

助教 東 和生あずま かずお

所属大学
鳥取
講座
臨床獣医学
教育研究分野
獣医神経病・腫瘍学
担当科目
獣医神経病・腫瘍学実習
東 和生

教育ポリシー

病気の基礎から治療までの体系的な教育

主な研究テーマ

  • 腫瘍に対する新規治療法の開発・評価と機能性食品の動物モデルでの評価

研究のキーワード

  • がん治療
  • 低侵襲
  • キチン・キトサン
  • 機能性食品
  • 炎症性疾患

主な研究業績

Azuma K., Osaki T., Ifuku S., Saimoto H., Tsuka T., Imagawa T., Okamoto Y., Minami S. α-Chitin nanofibrils improve inflammatory and fibrosis responses in mice with inflammatory bowel disease. Carbohydrate Polymers. 90: 197-200, (2012)

 

Azuma K., Ishihara T., Nakamoto H., Amaha T., Osaki T., Tsuka T., Imagawa T.,  Minami S., Takshima O., Ifuku S., Morimoto M., Saimoto H., Kawamoto H., Okamoto Y. Effects of oral administration of fucoidan extracted from Cladosiphon okamuranus on tumor growth and survival time in a tumor-bearing mouse model. Marine Drugs. 10: 2337-2348, (2012)

 

Azuma K., Osaki T., Tsuka T., Imagawa T., Minami S. Okamoto Y. Plasma free amino acid profiles of canine mammary gland tumor. Journal of Veterinary Science. 13: 433-436 (2012)

自由記述

獣医・神経病腫瘍学分野では、獣医外科学分野と共同で患者さんに負担の少ない新規の癌治療に、基礎研究から臨床応用まで幅広く携わっています。ゆくゆくは、患者さんへの負担が少ないがん治療をがんで苦しむ動物、さらにはヒト医学領域にまで提供することを目標にしています。