教員の紹介

准教授 富岡 幸子とみおか ゆきこ

所属大学
鳥取
講座
応用獣医学
教育研究分野
実験動物学
担当科目
実験動物学実習、教養基礎力養成演習
証明写真_富岡

教育ポリシー

自分で見て、考え、手を動かして問題を解決する力を養う。

主な研究テーマ

・腫瘍増殖抵抗性モデル動物の作出と抗腫瘍分子の探索
・ウイルス感染抵抗性モデル動物の作出と解析
・ヘルペスウイルス転写調節因子による病理発生機序の解明

研究のキーワード

・発生工学
・病理学
・抗病性動物
・腫瘍
・ウイルス

主な研究業績

Tomioka Y, Morimatsu M, Nishijima K, Usui T, Yamamoto S, Suyama H, Ozaki K, Ito T, Ono E.
A soluble form of Siglec-9 provides an antitumor benefit against mammary tumor cells
expressing MUC1 in transgenic mice. Biochem Biophys Res Commun. 2014 Jul; 450: 532-
537.

Tomioka Y, Morimatsu M, Taharaguchi S, Yamamoto S, Suyama H, Ozaki K, Iwamori N, Ono E.
Abnormal spermatogenesis and reduced fertility in transgenic mice expressing the
immediate-early protein IE180 of pseudorabies virus. Biochem Biophys Res Commun. 2013
Oct; 440: 683-688.

Tomioka Y, Morimatsu M, Amagai K, Kuramochi M, Watanabe Y, Kouda S, Wada T, Kuboki N,
Ono E. Fusion protein consisting of the first immunoglobulin-like domain of porcine nectin-1
and Fc portion of human IgG1 provides a marked resistance against pseudorabies virus
infection to transgenic mice. Microbiol Immunol. 2009; 53: 8-15.

メッセージ

モデル動物を用いてヒトや動物の疾病の病因分子や抗病性分子を探求しています。モデル動物での基礎研究成果は臨床応用という目に見える形にすぐには還元されないかもしれませんが、少しでもヒトや動物の健康増進・疾病制御に繋げられるよう、明確な目的意識を持って研究に取り組むことを心掛けています。