教員の紹介

助教 西田 英高

所属大学
岐阜
講座
臨床獣医学
教育研究分野
獣医臨床放射線学
担当科目
獣医画像診断学演習、獣医内科学実習、獣医外科学実習、総合参加型臨床実習
nishida-150x190

教育ポリシー

研究および臨床で直面する問題を解決するための“考える力”を伸ばしていきたいと考えています。

主な研究テーマ

  • 脊髄損傷に対する幹細胞を用いた治療法の開発
  • 神経病に対するバイオマーカーの開発

研究のキーワード

  • Biomarker
  • Extracellular vesicle
  • Intervertebral disk herniation
  • Spinal cord injury
  • Stem cell

主な研究業績

  • Kim, D., Nishida, H., An, S. Y., Bartosh, T. J. and Prockop, D. J.: Chromatographically isolated CD63+CD81+ extracellular vesicles from mesenchymal stromal cells rescue cognitive impairments after TBI. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 113: 170-175, 2016.
  • Nishida, H., Nakayama, M., Tanaka, H., Kamishina, H., Izawa, T., Hatoya, S., Sugiura, K., Suzuki, Y., Ide, C. and Inaba, T.: Evaluation of serum phosphorylated neurofilament subunit NF-H as a prognostic biomarker in dogs with thoracolumbar intervertebral disc herniation. Vet. Surg. 43: 289-293, 2014.
  • Nishida, H., Nakayama, M., Tanaka, H., Kitamura, M., Hatoya, S., Sugiura, K., Suzuki, Y., Ide, C. and Inaba, T.: Evaluation of transplantation of autologous bone marrow stromal cells into the cerebrospinal fluid for treatment of chronic spinal cord injury in dogs. Am. J. Vet. Res. 72: 1118-1123, 2012.

自由記述

脊髄損傷によってダメージを受けた神経は修復・再生されることはなく、現在も治療法は存在しておりません。獣医療および医療においてこれらの治療法の開発が切望されています。また、正確な診断および治療の予後を判断する上で血液などの体液を用いたバイオマーカーの開発は重要です。有益な情報を臨床サイドへ提供するためにはどのような研究を行っていくべきか考え、臨床と基礎獣医学の架け橋となるような研究をしたいと考えております。当研究室では、一緒に研究をしてくれる大学院生も募集しています(連絡先:dphmk@gifu-u.ac.jp)。