教員の紹介

助教 髙島 諭たかしま さとし

所属大学
岐阜
講座
臨床獣医学
教育研究分野
獣医内科学
担当科目
小動物内科学実習、総合臨床実習
IMG_3290

教育ポリシー

社会における獣医師の役割を理解できる人間を育てる

主な研究テーマ

  • ネコの抗インスリン自己自然抗体に関する研究
  • 小動物における麻酔中の体温低下予防法の開発
  • 獣医療における早期腎障害マーカーの開発

研究のキーワード

  • インスリン
  • 糖代謝
  • アミノ酸
  • 麻酔
  • 腎臓

主な研究業績

  • Takashima, S., Shibata, S., Yamada, K., Ogawa, M., Nishii, N. and Kitagawa, H.: Intravenous infusion of amino acids in dogs attenuates hypothermia during anaesthesia and stimulates insulin secretion. Vet. Anaesth. Analg. 43: 379-387, 2016.
  • Takashima, S., Nishii, N., Kato, A., Matsubara, T., Shibata, S. and Kitagawa, H.: Molecular cloning of feline resistin and the expression of resistin, leptin, and adiponectin in the adipose tissue of normal and obese cats. J. Vet. Med. Sci., 78: 23-28, 2016.
  • Takashima, S., Nishii, N., Hachisu, T., Kojima, M., Kigure-Hoshino, M., Ogawa, S., Suzuki, T., Iwasawa, A., Ohba, Y. and Kitagawa, H.: Natural anti-insulin autoantibodies in cats: Enzyme-linked immunosorbent assay for the determination of plasma anti-insulin IgG and its concentrations in domestic cats. Res. Vet. Sci., 95: 886-890, 2013.

自由記述

社会において獣医師はたくさんの役割を担っています。学生時代にそれらを客観的に観察し、将来自分が獣医師としてどのような仕事をしたいか考えてみましょう。