教員の紹介

准教授 高橋 賢次たかはし けんじ

所属大学
鳥取
講座
基礎獣医学
教育研究分野
獣医薬理学
担当科目
教養基礎力養成演習,薬理学実習,毒性学実習
takahashikenji

教育ポリシー

動物の生体機能を研究する上での基本的な実験手法や考え方を学んでほしい

主な研究テーマ

  • 炎症性メディエーターと痛覚過敏の関係解明
  • 痛みの伝達機序の解明と新規鎮痛薬の探索
  • 薬物・化合物の新規機能探索

研究のキーワード

  • 知覚神経
  • 痛覚過敏
  • 炎症性メディエーター
  • 新規薬物

主な研究業績

Miura S, Takahashi K, Imagawa T, Uchida K, Saito S, Tominaga M and Ohta T. Involvement of TRPA1 activation in acute pain induced by cadmium in mice. Mol. Pain 9: 7 (2013).

 

Takahashi K and Ohta T. Low pH enhances 2-aminoethoxydiphenyl borate-induced cell death of PC12 cells. Toxicol Lett. 215: 161-166 (2012).

 

Ogawa H, Takahashi K, Miura S, Imagawa T, Saito S, Tominaga M and Ohta T. H2S functions as a nociceptive messenger through transient receptor potential ankyrin 1 (TRPA1) activation. Neuroscience 218: 335-343 (2012).