新着情報

新着情報[鳥取]今季の高病原性鳥インフルエンザウイルスを国内で初めて分離しました。

11月に島根県で回収されたコブハクチョウの死体から今シーズン初めての高病原性鳥インフルエンザウイルスを国内で初めて分離し、その性状の解析結果を農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターの伊藤壽啓センター長らが報告しました。

その結果、今シーズンの高病原性鳥インフルエンザウイルスは、大陸で新たに生まれたウイルスであることが判明しました。

詳細は以下をご覧下さい(鳥取大学のWebサイトにジャンプします)。
http://www.tottori-u.ac.jp/item/15641.htm