教員の紹介

教授 柳井 徳磨やない とくま

所属大学
岐阜
講座
病態獣医学
教育研究分野
獣医病理学
担当科目
病理学,毒性病理学
yanaitokuma

教育ポリシー

現場のリアリティーを体験する実践教育と生きる力を養う教育

主な研究テーマ

  • 野生および動物園動物の病理学
  • サル類の疾病の病理学的研究
  • 野生動物および家畜の神経病理学

研究のキーワード

  • 病理学
  • 感染症
  • エキゾチックアニマル
  • 霊長類

主な研究業績

Yanai, T., Masegi, T., Ueda, K., Manabe, J., Teranishi, M., Takaoka, M., Matsunuma, N., Fukuda, K., Goto, N. and Fujiwara, K.: Vascular mineralization in the monkey brain. Vet. Pathol. 31: 546-552, 1994.

 

Yanai, T., Tomita, A., Masegi, T., Ishikawa, K., Iwasaki, T., Yamazoe, K. and Ueda, K.: Histopathologic features of naturally occurring hepatozoonosis in wild martens (Martes melampus) in Japan. J. Wildlife Dis. 31: 233-237, 1995.

 

Yanai, T., Sakai, T., Fukushi, H., Hirai, K., Narita, M., Sakai, H. and Masegi, T.: Neuropathological study of gazelle herpesvirus 1 (Equine Herpes 9) infection in Thomson’s gazelle (Gazelle thomsoni). J. Comp. Pathol. 119: 159-168, 1998.

自由記述

東広島産の一介の芸州人,幼年期は自然と共に過ごし,長じて動物の死因解明を生業とする。解剖刀一本,さらしに巻いて修行の日々,岐阜大に拾われ禄をはむこと20余年。野生動物および動物園動物の病理を得意とし,アジアでの保全医学ネットワークの確立を目指し,毎年アジアでの学会開催を推進。アジアにおける協同に興味のある方,声をかけて下さい。