新着情報

新着情報[共通]大学教育導入演習I(JV1)を実施しました。

8月27日(月)-8月31日(金)に大学教育導入演習Iを鳥取大学で実施しました。本科目は共同獣医学科のカリキュラムで両大学の共同獣医学科1年生計70名が一緒に受講する最初の演習であり、共同学科学生としての「一体感の醸成」を目的としています。また、産業動物獣医学の入り口として産業動物の繁殖管理、家畜飼養衛生および疾病予防対策に対する理解を深めることも重要なテーマです。加えて、鳥取大学教員が担当専門科目と研究内容を紹介し、獣医学の多彩な領域と多様な社会貢献に関する理解を深める等、様々なプログラムが組まれています。

 

初日は対面・開講式および翌日の演習に向けた準備を行いました。この日初めて顔を合わせた両大学の学生は夕食を共にして親睦を深めていました。2-3日目は鳥取県畜産試験場および大山放牧場(公益財団法人鳥取県畜産振興協会)を見学し、産業動物を飼育する上で不可欠な暑熱対策や採精等の繁殖管理について学びました。3-4日目は鳥取大学教員の教育研究分野の紹介、産業動物獣医学に関する講演、プレゼンテーション、閉講式および交流会を行いました。産業動物獣医学に関する講演では、現場経験豊富な鳥取県職員をお招きして家畜保健衛生所における獣医師の業務紹介をしていただきました。農家等への家畜衛生指導や検査に加えて鳥インフルエンザや口蹄疫が発生した際に獣医師がどのような役割を担い、どのように対応するか、等リアルな現場の話から獣医師の仕事に対する理解を深めました。その後、演習で学んできた内容を班ごとに発表し、総括を行いました。プログラム終了後は両大学の学生と鳥取大学教員との交流会を行い、親睦を深めました。次に彼らが顔をあわせるのは2年次に岐阜大学で開講される大学教育導入演習IIです。

 

 

産業動物獣医学に関する講演

 

IMG_4952のコピー IMG_4953のコピー

プレゼンテーション、質疑応答

 

2018-08-29 15.17.14 IMG_4969のコピー

教育研究分野の紹介、プレゼンテーションの最優秀賞の表彰

 

大山青年の家での集合写真