教員の紹介

講師 笛吹 達史うすい たつふみ

所属大学
鳥取
講座
応用獣医学
教育研究分野
獣医衛生学
担当科目
動物衛生学実習,動物衛生学,鳥類疾病学,生物統計学
usuitatsufumi

教育ポリシー

問題を見出し、解決する姿勢を育む

主な研究テーマ

  • ウイルス感染症における鳥類の免疫応答に関する研究
  • 鳥インフルエンザウイルスの病原性獲得メカニズムの解明
  • 鳥のレトロウイルス感染症の研究

研究のキーワード

  • 鳥インフルエンザウイルス
  • 細網内皮症ウイルス
  • 感染症
  • 忍耐
  • 免疫応答

主な研究業績

Y. Uno, T. Usui, K. Soda, Y. Fujimoto, T Takeuchi, H. Ito, T. Ito and T. Yamaguchi. The pathogenicity and host immune response associated with H5N1 highly pathogenic avian influenza virus in quail. The Journal of Veterinary Medical Science (2012)

 

Y. Uno, T. Usui, Y. Fujimoto, T. Ito, T. Yamaguchi. Quantification of interferon, interleukin and Toll-like receptor 7 mRNA in quail splenocytes using real-time PCR. Poultry Science 91(10):2496-2501 (2012)

 

T. Usui, T. Yamaguchi, H. Ito, H. Ozaki, T. Murase and T. Ito. Evolutionary genetics of highly pathogenic H5N1 avian influenza viruses isolated from whooper swans in northern Japan in 2008. Virus Genes 39:319-23 (2009)

自由記述

鳥インフルエンザウイルスについて、病原性の低いウイルス(とくにH7亜型ウイルス)が、鳥の中で感染を繰り返す間にどのように変異して病原性を強めていくのか、病原性獲得メカニズムの解明を目指しています。

 

また、ニワトリやウズラなどの家禽が、鳥インフルエンザウイルスやレトロウイルス(細網内皮症ウイルス)のような病原体に感染して病気がおこるとき、宿主体内でどのような反応が誘導されているのか、主に、サイトカイン遺伝子の発現応答を中心に解析を行うことで、病態発現メカニズムと免疫応答との関連について研究しています。