教員の紹介

教授 岡本 芳晴おかもと よしはる

所属大学
鳥取
講座
臨床獣医学
教育研究分野
獣医外科学
担当科目
獣医外科学,眼科学各論,臓器別総論,臓器別各論,高度臨床腫瘍学特別講義
okamotoyoshiharu

教育ポリシー

基礎獣医学と臨床獣医学の橋渡し

主な研究テーマ

  • がんに対する先端的治療の開発
  • 各種サプリメントの生物効果機序の解明
  • 低侵襲手術の開発

研究のキーワード

  • 最先端がん治療
  • サプリメントの生物活性
  • オゾン療法
  • 低侵襲手術
  • 再生医療

主な研究業績

Kazuo Azuma, Toshitsugu Ishihara, Hiroyuki Nakamoto, Takao Amaha, Tomohiro Osaki, Takeshi Tsuka, Tomohiro Imagawa, Saburo Minami, Hitoshi Kawamoto, Yoshiharu Okamoto, Osamu Takashima, Shinsuke Ifuku, Minoru Morimoto, Hiroyuki Saimoto. Effects of oral administration of fucoidan extracted from Cladosiphon okamuranus on tumor growth and survival time in a tumor-bearing mouse model. Marine Drug, 10: 2337-2348 (2012).

 

Kazuo Azuma, Tomohiro Osaki*, Takeshi Tsuka, Tomohiro Imagawa, Saburo Minami, Yoshiharu Okamoto. Plasma free amino acid profiles of canine mammary gland tumors. J. Vet. Sci.,, 13: 433-436 (2012).

 

Rozanaliza Radzi, Tomohiro Osaki, Takeshi Tsuka, Tomohiro Imagawa, Saburo Minami, and Yoshiharu Okamoto. Morphological Study in B16F10 Murine Melanoma Cells after Photodynamic Hyperthermal Therapy with Indocyanine Green (ICG). J. Vet. Med. Sci., 74:465-472 (2012).

自由記述

獣医外科学教室では、天然多糖キチン・キトサンの獣医外科領域への応用、がんに対する最先端治療(温熱療法、光線力学療法、免疫療法等)、獣医領域における低侵襲手術の開発を行っています。また外科系研究室と共同で動物医療センターの外科関係診療を行っています。