教員の紹介

教授 竹内 崇師たけうち たかし

所属大学
鳥取
講座
病態獣医学
教育研究分野
実験動物学
担当科目
獣医学基礎演習
takeuchitakashi2

教育ポリシー

論理的、科学的な思考力を養う

主な研究テーマ

  • 消化管における抗原認識部位
  • 抗原認識と発現糖鎖との関係
  • 抗原認識における一般吸収上皮と濾胞被蓋上皮の相違

研究のキーワード

  • 消化管
  • M細胞
  • 濾胞被蓋上皮
  • 絨毛円柱上皮細胞

主な研究業績

Takeuchi T*, Yoshida M, Shimizu T, Asano A, Shimokawa T, Nabeta M, Usui T. Differential expressions of Toll-like receptors in the vagina of pregnant mice. The Journal of Veterinary Medical Science, In press.

 

Takeuchi T*, Sugimoto Y, Asano A, Shimokawa T, Nabeta M, Usui T. Gene transcriptions of Toll-like receptors in the mouse uterus during gestation. The Journal of Veterinary Medical Science, In press.

 

Yasunaga Y, Takeuchi T*, Shimokawa T, Asano A, Nabeta M, Ohta Y. Sugar expression in the mucosae of the canine uterus and vagina during the oestrous cycle and with pyometra. The veterinary journal, http://dx.doi.org/10.1016/j.tvjl.2012.08.008, 2012.

自由記述

消化管リンパ小節を覆う濾胞被蓋上皮にはM細胞と呼ばれる特殊な上皮細胞が存在します。M細胞による抗原の取り込みと抗原提示細胞への授受を行うことにより免疫応答が誘導される一方で、全身的な免疫応答抑制(経口免疫寛容)が誘導されます。この破綻がいわゆる食物アレルギーと考えられますが、そのメカニズムや発生機序を解明することを目的として実験をおこなっています。