教員の紹介

助教 伊藤 祐典いとう ゆうすけ

所属大学
岐阜
講座
臨床獣医学
教育研究分野
臨床腫瘍学,放射線治療学
itouyusuke

教育ポリシー

科学的な思考力と実践的な技術を養う

主な研究テーマ

  • 小動物の放射線感受性
  • リンパ排導の画像化とリンパ節転移の診断
  • 小動物の画像診断

研究のキーワード

  • 放射線治療
  • 放射線感受性
  • リンパ排導
  • センチネルリンパ節
  • CT

主な研究業績

Shikano, N., Nakajima, S., Kotani, T., Itoh, Y.*, Nishii, R., Yoshimoto, M.,  L.G. Flores 2nd, Saji, N. Ishikawa, K. Kawai, S. Detection of maleate-induced Fanconi syndrome by decreasing accumulation of 125I-3-iodo-alpha-methyl-L-tyrosine in the proximal tubule segment-1 region of renal cortex in mice: a trial of separate evaluation of reabsorption. Ann Nucl Med 20(3): 175-181, 2006.

 

伊藤祐典*,渡邊一弘,森崇,山田茂夫,鈴木雅也,星野有希,岩谷直,丸尾幸嗣: 後天性口蓋欠損に口蓋キャップを長期適用した犬と猫の2症例. 日本獣医師会雑誌63:208-210,2010.

 

三竹由佳子,森崇,星野有希,伊藤祐典*,前田貞俊,村井厚子,酒井洋樹,丸尾幸嗣:外科摘出を実施した巨大肥厚性胃炎の犬の1例.日本獣医師会雑誌,65:57-60,2012.

自由記述

動物病院腫瘍科にてほぼ毎日、小動物診療に従事しています。動物病院所属のため、正式には講義・実習を担当していませんが、小動物外科実習や総合参加型臨床実習などにおいて学生の指導を行なっています。高エネルギー放射線治療装置は国立大学では唯一であり(2013年現在)、小動物の放射線治療の実践と研究に邁進中です。