教員の紹介

准教授 松山 勇人まつやま はやと

所属大学
岐阜
講座
基礎獣医学
教育研究分野
獣医薬理学
担当科目
大学教育導入演習,教養基礎力養成演習,生化学実習,薬理学実習,毒性学実習,卒業研究,卒研プレゼン演習
matsuyamahayato

教育ポリシー

知力を高めよう、人間力を磨こう

主な研究テーマ

  • 内臓平滑筋におけるムスカリン受容体の情報伝達機構
  • 消化管および膀胱におけるカハール介在細胞の生理学的および病態生理学的役割
  • 環境汚染物質(有機スズ)の毒性発現機構

研究のキーワード

  • コリン作動性神経-平滑筋間の情報伝達
  • 陽イオンチャネルの活性化機構
  • 細胞内へのCa2+動員機構
  • 平滑筋の収縮発現機構
  • 過敏性腸症候群、過活動膀胱

主な研究業績

Matsuyama H, Tanahashi Y, Kitazawa T, Yamada M, Komori S, Unno T. Evidence for M2 and M3 muscarinic receptor involvement in cholinergic excitatory junction potentials through synergistic activation of cation channels in the longitudinal muscle of mouse ileum. Journal of pharmacological sciences 2013

 

Matsuyama H, Unno T, Komori S, Takewaki T. Nitrergic inhibition of tachykininergic neuro-muscular transmission via cyclic GMP in the hamster ileum. 2011. The Journal of veterinary medical science

 

Matsuyama H, Nguyen TV, Hunne B, Thacker M, Needham K, McHugh D, Furness JB. Evidence that TASK1 channels contribute to the background current in AH/type II neurons of the guinea-pig intestine. 2008. Neuroscience

自由記述

研究室は学問の場出ると同時に一つの家族のようなもの。

謙虚な心と思いやりの心を持って、教員・学生ともども互いに教え、学び、成長しあえる研究室を目指す。