教員の紹介

准教授 尾崎 弘一おざき ひろいち

所属大学
鳥取
講座
病態獣医学
教育研究分野
獣医微生物学
担当科目
教養基礎力養成演習,獣医微生物学,微生物学実習,生物統計学
ozakihiroichi

教育ポリシー

正しく疑問を捉え、正しい方法で究明する

主な研究テーマ

  • インフルエンザウイルスの宿主域決定因子の解明
  • 大腸菌の病原性メカニズムの解明

研究のキーワード

  • インフルエンザウイルス
  • 宿主域
  • 大腸菌症

主な研究業績

Sakoda Y, Ito H, Uchida Y, Okamatsu, M, Yamamoto N, Soda K, Nomura N, Kuribayashi S, Shichinohe S, Sunden Y, Umemura T, Usui T, Ozaki H*, Yamaguchi T, Murase T, Ito T, Saito T, Takada A, Kida H. Reintroduction of H5N1 highly pathogenic avian influenza virus by migratory water birds, causing poultry outbreaks in the 2010-2011 winter season in Japan. J. Gen. Virol. 93: 541-550. (2012)

 

Ozaki H*, Esaki H, Takemoto K, Ikeda A, Nakatani Y, Someya A, Hirayama N, Murase T. Antimicrobial resistance in fecal Escherichia coli isolated from growing chickens on commercial broiler farms. Vet. Microbiol. 150: 132-139. (2011)

 

Ozaki, H*, Guan Y, Peiris M, Webster R, Webby R. Changing patterns of H6 influneza viruses in Hong Kong poultry markets. Influenza Res. Treat. Article ID 702092. (2011)

自由記述

獣医微生物学教室では、微生物が動物に与える影響、とくに微生物が動物に病気を起こす仕組みの解明とその予防法を確立することを目的として研究を行っています。基礎、応用、臨床の区分にこだわらない広い視点をもって、動物の健康と獣医学の発展に貢献するべく取り組んでいます。

 

インフルエンザウイルスが宿主の壁を越えて増殖可能となる因子を「ポリメラーゼ」と「マトリックス」タンパクの構造に着目して解析しています。

 

鶏の大腸菌症は経済的にも大きな被害が出ており、予防・治療法の確立が望まれています。病原性大腸菌がどのように鶏に病気を起こすのかを解明するために病態解析と原因因子究明を行っています。