教員の紹介

准教授 伊藤 啓史いとう ひろし

所属大学
鳥取
講座
応用獣医学
教育研究分野
獣医公衆衛生学
担当科目
公衆衛生学実習,食品衛生学実習,公衆衛生学総論,人獣共通感染症学,新興・再興感染症制御学特別講義
itouhiroshi

教育ポリシー

自ら考えて解決する能力を養う

主な研究テーマ

  • インフルエンザウイルスの宿主域変異、病原性獲得機序に関する研究
  • ニューカッスル病ウイルスの病原性獲得機序に関する研究
  • 抗鳥インフルエンザウイルス素材、製品の評価

研究のキーワード

  • インフルエンザウイルス
  • ニューカッスル病ウイルス
  • 人獣共通感染症

主な研究業績

Sakoda Y, Ito H, Uchida Y, Okamatsu M, Yamamoto N, Soda K, Nomura N, Kuribayashi S, Shichinohe S, Sunden Y, Umemura T, Usui T, Ozaki H, Yamaguchi T, Murase T, Ito T, Saito T, Takada A, Kida H. :  Reintroduction of H5N1 highly pathogenic avian influenza virus by migratory water birds, causing poultry outbreaks in 2010-2011 winter season in Japan. J. Gen. Virol., 2012, 93: 541-550.

 

Tsunekuni R, Ito H, Kida H, Otsuki K, Ito T. :  Increase in the neuraminidase activity of a nonpathogenic Newcastle disease virus isolate during passaging in chickens. J. Vet. Med. Sci., 2010, 72: 453-457.

 

Sugiyama M, Ito H, Hata Y, Ono E, Ito T. :  Complete nucleotide sequences of avian metapneumovirus subtype B genome. Virus Genes, 2010, 41: 389-395.

自由記述

 鶏などの家禽に強い病原性をもつ高病原性鳥インフルエンザウイルスやニューカッスル病ウイルスの起源は、野生の水禽が保有する弱毒のウイルスであると考えられています。そのようなウイルスがどのような機序で鶏に感染し、強い病原性をもつウイルスへと変異するのかを分子レベルで明らかにするため、リバースジェネティクスと呼ばれる遺伝子からウイルスを人工的に再合成する手法を用いて研究を行っています。

 

 また、抗ウイルス性素材や製品の開発、検証試験等を民間企業との共同研究(受託研究)により行っています。