学びの特色

教員からのメッセージ

基礎獣医学講座

[氏名]阿閉泰郎 教授 [所属大学]岐阜大学
[研究分野]獣医解剖学

基礎は巡る:基礎→応用→臨床

基礎獣医学講座は獣医解剖学、獣医生理学、獣医薬理学および獣医生化学の4つの研究室で構成し、13名の教員が属しています。基礎獣医学講座が担当する専門科目は主として獣医解剖学、獣医組織学、発生学、獣医生理学、獣医生化学、獣医薬理学などがあります。講義にはそれぞれの実習があり、講義内容を理解する上で重要な体験となります。基礎の科目は動物の正常な生命現象を分子から個体に至るまで理解する内容を含み、病気のメカニズムを解析するのに役立ちます。基礎獣医学は直接動物の病気の診断や治療とは関連しないことから、勉強は適当にやり過ごしがちです。しかし応用獣医学や臨床獣医学に接したならば、基礎獣医学の重要性に痛感します。6年間で獣医学をしっかり身につけるには、基礎→応用→臨床→基礎→応用→臨床→基礎→・・・の繰り返しです。考えても調べても不明な点は知っている人(教員や先輩)に聞くのが一番です。試験で合格点を取れば終わりではありません。スタートなのです。本当の勉強のこれから始まりです。興味ある科目を初めに選び、縦横に並べて自分の獣医学体系を構築するのです。これを土台に苦手な科目を織り交ぜます。そうすると獣医学の全体がおぼろげに見え、授業が楽しくなります。

この教員について詳しくはこちら

病態獣医学講座

[氏名]森田剛仁 教授 [所属大学]鳥取大学
[研究分野]獣医病理学

動物の病気を幅広く理解し、実践能力のある獣医師に!!

病態獣医学講座は現在3つの研究室(獣医微生物学、獣医病理学および獣医寄生虫学)から構成され、現在10名の教員が所属しています。病態獣医学は主に動物の病気を理解することを目的とした分野であり、動物の病気の発生メカニズムや、動物の病気に関わる微生物あるいは寄生虫の微細構造、感染様式、増殖様式、感染宿主に及ぼす影響等に関する教育・研究を実践しています。実際に野外では、動物の様々な病気(代謝性疾患、炎症、腫瘍、奇形等)が発生しており、その病気の正確な診断、また、病気の原因となり得る病原微生物(細菌、ウイルス、真菌等)、あるいは寄生虫(蠕虫、原虫、節足動物等)の迅速かつ正確な特定が強く求められています。これら病気の診断、病原微生物および寄生虫の特定は、臨床獣医師の治療方針あるいは予防に対して大変重要な情報となります(臨床へのフィードバック)。このように社会の要請・期待に応えられるような、動物の病気に関する豊富な知識を有し、かつ、実践的な問題解決能力を有する獣医師の養成を目指しています。

この教員について詳しくはこちら

応用獣医学講座

[氏名]鈴木正嗣 教授 [所属大学]岐阜大学
[研究分野]野生動物医学

人と動物の健全で健康な生活を守るために

応用獣医学講座には、人獣共通感染症学、食品環境衛生学、野生動物医学、獣医公衆衛生学、実験動物学、獣医感染症学、獣医衛生学の7つの分野(研究室)が含まれます。これらの名称は、もしかすると高校生や新入生の皆さんには馴染みが薄いかも知れません。しかし、「動物の診断治療」のみならず、「食品や環境等の安全性を維持・監視し、人と動物の健全かつ健康な生活の存続に貢献する」ことも獣医師に求められる重要な役割です。応用獣医学講座は、この役割を適切に果たすための活動を行っています。岐阜大学・鳥取大学共同獣医学科の特色である野生動物対応も主として本講座が担当しており、感染症管理、農林業被害対策、個体群管理等を網羅した包括的な教育研究を続けています。

 

この教員について詳しくはこちら

臨床獣医学講座

[氏名]岡本芳晴 教授 [所属大学]鳥取大学
[研究分野]獣医外科学

点を線で結んで「至福の時」としよう!

平成25年度より、鳥取大学獣医学科と岐阜大学獣医学科は、より充実した獣医学教育を行うために共同学科となりました。1年生から3年生までで基礎獣医学、応用獣医学を学んだ後、4年生から臨床系講義が始まります。4年生時に臨床系講義の総論を学び、4年生終了時に「共用試験」を受けます。この試験に合格することによって、5年生時に臨床実習に参加することができます(不合格な場合は5年生に進級できません!すなわち留年です)。1年間の臨床実習を通じて、これまでの基礎、応用、臨床に関する知識を総動員して、動物医療センターに来院してきた動物に触れ、診断、治療の知識、技術を学んでいきます。臨床実習はこれまで個別に学んできた事柄(点)を自分の頭の中で線で結んでいく作業です。この作業は暗記ではありません。「考える」ことが要求されます。うまく点と点を線で結べた時が臨床家として「至福の時」となります。ぜひみなさんもこの「至福の時」を味わってください。そして6年生終了時に獣医師国家試験を受けます。皆さんの最終目標は獣医師国家試験に合格することです。6年間に多くのハードルがあります。これを1つ1つクリアしていってください。

この教員について詳しくはこちら

PAGE TOP

学生からのメッセージ

[学年]3年生 [所属大学]岐阜大学 [出身地]島根県出身

教養も専門も、積極的な学びの姿勢が大事

入学してすぐ、獣医学の専門科目ばかりの勉強になるわけではありません。1年次は専門科目が少なく、教養科目の単位取得が主となっています。教養科目は、専門科目を学んでいくうえでの基盤となっています。

専門科目では、獣医学について深い内容を学ぶことができます。先生方は熱心で、知識を与えるだけの講義ではなく、学生自ら考えることを促し、自学自習の後押しをしてくれています。また、高校とは違い、実習も講義と並行して行われています。実習は講義内容の繰り返しではありません。自分たちで実際に実験をするなど、手を動かすことにより、講義で学んだことを実感し、結果に対して皆で考察する形式の授業です。

[学年]4年生 [所属大学]鳥取大学 [出身地]福岡県

講義と連動した実習で理解・意欲がアップ

私が感じる獣医学科での教育の特色のひとつに、講義と連動している興味深い実習があります。実習は、各科目の講義後または同時進行で行われるため、講義で得た知識を定着しやすくしてくれます。

例えば、解剖学の講義を聞いた後すぐに骨や臓器に実際に触れる機会が得られるので、動物種によって構造が異なるということなどがより鮮明に記憶できます。また、神経伝達や筋肉収縮のしくみなどの生命現象を、実験を通じて学ぶ生理学実習では、講義で学んだ知識から実験結果を考察することで応用力が増し、理解が深まります。

学年が進み新たな講義や実習が始まると、それまでの講義や実習で、学び理解してきた知識や技術が大きな助けとなっていることを実感でき、それがまた学問に対するモチベーション向上へとつながっているのだと思います。

[学年]5年生 [所属大学]岐阜大学 [出身地]静岡県

実習や研究を通して、将来について考える学年

5年生では、総合臨床実習(ポリクリ)を行います。岐阜大学では、4〜5人の小グループで、各診療科を2週間ずつまわります。4年生までの講義や実習で得た知識を、臨床の現場でどのように生かしていくのか学びます。実際に来院した犬、猫や飼い主様のご協力のもと成り立っている授業です。この経験を通して、獣医師の責務を理解し、将来について考えていく時期となります。

また、6年生から本格的に始まる卒業研究に向けて、所属研究室での研究にも力を注いでいます。研究のための基礎知識や手技、考え方など、学ぶことがたくさんあります。将来臨床に進むとしても、研究者としての考え方は、大変重要です。

体力的にも精神的にも大変な学年ですが、その分、とても充実した1年間を過ごせると思います。

[学年]6年生 [所属大学]鳥取大学 [出身地]滋賀県

臨床の現場で実感する基礎の重要性と命の尊さ

低学年で講義や実習を通して主に解剖学や生理学などの獣医学の基礎を学んだあと、高学年になると基礎、病態、応用、臨床系に分かれた研究室に所属し、先生からの指導を受けながら卒業研究に取り組みます。

僕は臨床系の研究室に所属しており、卒業研究以外に臨床実習として附属動物医療センターでの診療補助にも参加しています。臨床実習ではこれまでに積み上げてきた知識と、臨床現場での経験が結びつき、日々臨場感のある学習ができるとともに、助かる命、また時には亡くなる命を目の前にして、改めて命の尊さやはかなさを実感することもあります。

6年生では、卒業研究の発表や獣医師国家試験が待ち受けています。入学前から憧れていた「動物のお医者さん」を目指し、先生や友人、動物たちと一緒に勉強に励む毎日を過ごしています。

注:2012年度以前の入学生(3年生以上の学生)はそれぞれ、岐阜大学応用生物科学部獣医学課程、鳥取大学農学部獣医学科に在籍しています。