教員の紹介

教授 猪島 康雄いのしま やすお

所属大学
岐阜
講座
応用獣医学
教育研究分野
食品・環境衛生学
担当科目
獣医公衆衛生学実習,食品衛生学実習,環境衛生学I/II,食品衛生学I/II,獣医学概論I(分担),獣医疫学(分担),教養基礎力養成演習(分担),獣医生化学実習(分担),動物衛生学実習(分担)
inoshimayasuo1-150x190

教育ポリシー

論理的、科学的な思考力を養い、社会に貢献する

主な研究テーマ

  • エクソソームを用いた食用家畜の健康管理技術の開発
  • 動物ウイルス感染症の発症メカニズム解明と診断法開発
  • 動物AAアミロイドーシスのアミロイド形成過程の解明

研究のキーワード

  • エクソソーム
  • パラポックスウイルス
  • 診断法
  • POCT
  • アミロイドーシス

主な研究業績

  • Efficient method for isolation of exosomes from raw bovine milk.:Yamauchi M, Shimizu K, Rahman M, Ishikawa H, Takase H, Ugawa S, Okada A, Inoshima Y :Drug development and industrial pharmacy 45(3) 359-364
  • Leukopenia induced by micafungin in a bottlenose dolphin (Tursiops truncatus): a case report.:Ohno Y, Akune Y, Nitto H, Inoshima Y : The Journal of veterinary medical science 81(3) 449-453.
  • Decrease in the prevalence of extended-spectrum cephalosporin-resistant Salmonella following cessation of ceftiofur use by the Japanese poultry industry.:Shigemura H, Matsui M, Sekizuka T, Onozuka D, Noda T, Yamashita A, Kuroda M, Suzuki S, Kimura H, Fujimoto S, Oishi K, Sera N, Inoshima Y, Murakami K. :International journal of food microbiology 274 45-51.

自由記述

エクソソーム中のバイオマーカーを探索し、食用家畜の新しい健康管理技術の開発に取り組んでいます。

 

パラポックスウイルス感染症を中心に、家畜と野生動物のウイルス感染症を対象に、発症メカニズムの解明や、野外での診断(POCT)法の開発に取り組んでいます。

 

動物のアミロイド形成過程の解明に向け、アミロイドの前駆体蛋白である血清アミロイドAアイソフォームが果たす役割の解明を試みています。