目的と基本方針

共同獣医学科の目的

共同獣医学科では、人と動物との共生を目指し、「動物と社会のつながり」、「動物と人の健康・福祉」をキーワードに、動物の健康だけでなく、あらゆる命の専門家を養成することを目的とします。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

岐阜大学・鳥取大学共同獣医学科に6年以上在学し、卒業に必要な単位を修得することが、学位授与の要件です。また、これにより獣医師国家試験の受験資格が与えられます。共同獣医学科の課程を修了することにより、以下に掲げる能力を身につけた人材であることを保証します。

  • 伴侶動物、産業動物、実験動物、野生動物の健康の維持に関する幅広い知識と技能を有する人材
  • 口蹄疫のような大規模家畜伝染病の突発的な発生などに際しても対応できる問題解決能力を有する人材
  • 未知の疾患や難治疾患に接した際などにも対応策を探し出すことができる科学的・論理的思考力を有する人材
  • 災害などに際して動物の健康維持のみならず公衆衛生業務にも迅速に携わることができる実践的行動力を有する人材
  • コミュニケーションスキルが高く、動物の所有者との信頼構築や衛生行政の円滑な遂行などに必要な社会性と獣医学関連海外事情を積極的に収集できる国際性に優れた人材
  • 食の安全・安心や家畜感染症および人獣共通感染症などのリスクマネジメント能力を有する人材
  • 国際獣疫事務局(OIE)のミニマム・コンピテンシーに記載されている多様化、高度化、国際化しつつある獣医学に対する社会的要請に対応し、公共獣医事(Veterinary Service)を担うことができる人材

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

動物の健康の増進、公衆衛生の向上、人間社会や環境における健全性の維持に貢献できる、あらゆる命の専門家の育成が教育上の理念です。そのため、日本だけでなく国際社会をリードする者に不可欠な教養教育を基盤に、動物に関わる総合的・実践的かつ高度な獣医学教育を展開します。

  • 一般教養科目
     人として、さらに獣医師として必要な自然科学の基盤、社会的規範および国際性など、多様な領域について学問的関心を持ち、幅広い総合的な判断力を培い、かつ豊かな人間性を涵養することを目的とする教育を実施します。また、獣医学専門教育を開始する準備として、少人数を対象とした個別指導教育の実施や獣医学の多様性と獣医師の社会的役割を概説します。
  • 専門教育科目
     斉一教育科目群と専修教育科目群から構成されます。前者は、獣医学モデル・コア・カリキュラムに準拠した科目から成り、多様化する獣医師の職務を遂行する上で必要な知識・技能に関する教育を実施します。専修教育科目群は、実践的体験学習(インターンシップ)、卒業研究およびアドバンス科目(選択科目)等から成り、問題解決力、課題探求力、論理的思考力、プレゼンテーション能力、英語活用能力および実践的行動力を養います。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

岐阜大学・鳥取大学共同獣医学科では、動物、人間社会、環境の健全性の維持に貢献し、多様化、高度化、国際化しつつある獣医学に対する社会的要請に対応できる獣医師の養成を目指しています。そのため、以下に掲げる意欲を持つ人材を求めます。

  • 高度な獣医学教育に対応し得る高い総合的学力を備えている者
  • 国際性及び科学的・論理的思考の習得に必要な基礎的な語学力と理系の知識を備えている者
  • 自然や生命に強い興味を持ち、それを探求する意欲を持つ者
  • 獣医学に関わる高い倫理観と使命感、コミュニケーション能力を備える者
  • 獣医師としての目的意識を持ち、獣医学を通じて社会の発展に貢献する意欲を持つ者
  • 公衆衛生や環境衛生,動物の病気の診断・治療等の幅広い分野について強い意識を持って学習に励む者
  • 国際交流に積極的に関わり、獣医師として世界に貢献する意欲を持つ者